税務や会計業務を中心に事業全般のコンサルタントを担う税理士事務所

コラムレター

  • HOME
  • コラムレター
  • #0209 介護職員向けベースアップ等支援加算制度の新設について
#0209 介護職員向けベースアップ等支援加算制度の新設について
2022/07/22
介護サービス事業者又は介護保険施設において、同所で働く介護職員を対象とした加算として、本年10月より「介護職員等ベースアップ等支援加算」(以下ベースアップ加算)が新設されます。

このベースアップ加算は、従来の介護職員処遇改善支援補助金の役割を引き継ぐもので、主な対象者は介護職員ですが、事業所の判断により、他の職員の処遇改善に充てることも認められております。

ベースアップ加算を本年10月に算定したい事業所は、本年8月末までに処遇改善計画書を自治体に提出する必要があります。
前記の処遇改善計画書を提出する場合には、ベースアップ加算の算定に必要な部分のみを作成することになります(既に算定している処遇改善加算・特定処遇改善加算に係る部分については、改めて入力する必要はありません)。

また、賃金改善期間後には実績報告書の提出も必要となりますのでご注意ください。令和5年3月サービス提供分まで加算を算定した場合は、5月に国保連合会からの最終入金がありますので、2ヶ月後の7月末日が提出期限となります。


詳細や具体的な事務処理手順、各種様式、要綱については下記の厚生労働省ホームページをご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000202201_42226.html



税理士法人さくら総合会計 新潟事務所 遠藤 峻登