コラムレター

2009/6/22 #0079 新公益法人制度における全国申請状況

  昨年12月より新公益法人制度がスタートしてから早いもので半年が経過しました。
  今回の新公益法人制度改革では、現行法の届出制に依る社団・財団法人は平成25年11月30日までの間に公益社団・財団法人への移行、一般社団・財団法人への移行、若しくは解散するという選択を迫られています。
  公益への移行申請については都道府県か内閣府に申請を行います。認定の基準をクリアし、認定されない限りは平成25年12月1日以降、公益社団・財団法人と名乗ることができません
  又、一般への移行申請についても同様で、認可基準をクリアしない限りは一般社団・公益法人となりません。

  公益認定等委員会が平成21年6月2日発表した平成21年5月31日までの全国の申請状況(内閣府集計)は以下の通りとなっています。

  全国の移行認定申請は、105件(うち認定件数は13件)。
  全国の移行認可申請は、 33件(うち認可件数は 6件)。
  全国の公益認定申請(新規認定)は、26件(うち認定件数は5件)。

  電子申請に必要なID取得法人数は、5月末現在2,161件にのぼっており、申請状況から見ても全体の8%弱となっており、これからの申請件数が増加することは間違いないでしょう

  この先、各都道府県の公益認定等審議会も随時開催され、各申請の進捗状況は加速することが予想されます。

  現在の特例民法法人の形体が存続できる平成25年11月30日まであと4年半となりました。
  公益法人の移行認定申請、移行認可申請には早めの準備(機関設計、事業区分の設定等)が必要です。


税理士法人 さくら総合会計 (社会福祉・公益法人部)
ご質問・ご相談・お見積り、お気軽にお問い合せください。
お問い合せはこちら