コラムレター

2009/4/9 #0072 ETC車載器装着してますか?

  今、ETC車載器新規導入助成が話題になっております。
  これは、有識者で構成された委員会の報告と国土交通省からの要請に基づき、財団法人 高速道路交流推進財団が検討した結果、「ETCの普及促進は、渋滞緩和とともにCO2削減にも非常に有効な手段であり、公益的要素が大きい」と判断し、行っている助成事業です。

  助成は、四輪車・二輪車とも対象(個人のみならず企業も対象)で助成金額は四輪車が5,250円、二輪車が15,750円となっており、四輪車については累計台数(平成21年3月12日からの助成台数)が115万台に達するまで、二輪車については累計台数が5万台に達するまで実施されます。

(※)当初は、平成21年3月31日の受付終了時点で四輪車95万台、二輪車5万台としていましたが、4月1日以降も受付されており、四輪車に関しては増台されています。(4月7日現在 四輪車助成累計台数889,585台、二輪車助成累計台数19,835台。財団法人高速道路交流推進財団HPより)

  この助成を受けるためには、2年以上使用することや、購入またはリース費用を2回以上の分割で支払うこと等の条件があります。
  また、ETC車載器装着車を対象とした、休日(土・日・祝日)の高速道路料金が1,000円になる割引制度が3月28日から段階的に実施されており、4月29日から完全実施となります。
  これは、区間毎の上限料金1,000円(距離制限、回数制限なし)が、4月29日以降は、区間毎から全道1,000円になります。
  今回の助成や料金割引を機に、ETC車載器を利用されてはいかがでしょうか。
  なお、助成金の消費税区分は不課税売上となります。


税理士法人 さくら総合会計(監査部)
ご質問・ご相談・お見積り、お気軽にお問い合せください。
お問い合せはこちら