コラムレター

2009/2/25 #0067 電子証明書等税額控除

電子証明書等税額控除

  確定申告の時期がやってきました。テレビのCMでも放送されていますが、電子申告で確定申告をすると、最高5,000円(その年分の所得税額が限度)の税額控除を受けることができます。平成19年分ですでに控除を受けている方は対象外ですが、受けていない方は、平成20年分の確定申告で、ぜひとも受けたいところです。(当初は、平成20年分の確定申告までが対象でしたが、平成21年度税制大綱に『2年延長する。』と盛り込まれていることから、適用期間が延長される見通しとなっています。)
  当事務所でも電子申告を行っていますが、この電子証明書等税額控除を受けるには、納税者ご本人の電子証明書が必要なため、関与先の皆様には、住民票のある市区町村で、住民基本台帳カード(ICカード)を入手し、電子証明書発行申請書を提出して、電子証明書の発行を受けていただく必要があります。

※申請時に用意するもの

  ・ 住民基本台帳カード交付申請書 
  ・ 電子証明書発行申請書
  ・ 写真 《写真入のカードにする場合》
  ・ 本人確認書類 《運転免許証など》
  ・ 印鑑

  医療費の領収書や、源泉徴収票等の提出を省略できたり《確定申告期限から3年間は提出又は提示を求められることがあります》、還付金の処理が早くなったりと最初の準備さえしてしまえば、あとは簡単に申告できます。

  今回の申告を機に電子申告を利用してみませんか。

税理士法人 さくら総合会計 (新潟事務所)
ご質問・ご相談・お見積り、お気軽にお問い合せください。
お問い合せはこちら