コラムレター

2007/5/16 #0009 「FP資格」についてご紹介します。

◆FPとは

FPとは「ファイナンシャルプランナー」または「ファイナンシャルプランニング」の略で、ファイナンシャル(財政上)のプランナー(立案者)またはプランニング(計画を立てる)という意味です。

◆FP資格について

FP資格には大きく3つの分類があります。

            FP技能士           AFP          CFP

資格分類       国家資格          民間資格        民間資格
                            (国内資格)       (国際資格)

資格等級      1級から3級まで         等級なし         等級なし

実施機関    金融財政事情研究会     日本FP協会      日本FP協会
                                        (米国資格認定委員会)

◆どんなことに生かされるか

あらゆる専門分野について広く浅い内容のため、それぞれの分野の基本部分の学習ができ、知識の向上が図れます。

★たとえばこんなことに

 ・資産運用のアドバイスやライフプランニングに
 ・法人税や所得税、消費税などの税金相談に
 ・相続や贈与の相談、資産評価に
 ・不動産の購入、売買、賃貸、登記などのアドバイスに
 ・年金相談や社会保険、労働保険のアドバイスに
 ・生命保険や損害保険のアドバイスに

毎年2〜3回程度、試験が実施されており、FPの需要の高まりを受けて受験者数は年々増加しているようです。
各分野の専門家も、多方面に渡る専門分野の基礎知識をつけるために受験される方が多いようです。

詳しくはこちらのホームページをご覧ください。
●金融財政事情研究会
http://www.kinzai.or.jp/

●日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
http://www.jafp.or.jp

税理士法人 道央会計事務所(監査部)
ご質問・ご相談・お見積り、お気軽にお問い合せください。
お問い合せはこちら